« 太刀魚柄の粋な下駄 | トップページ | B.S.T 第5戦 »

2014年9月13日 (土曜日)

夜太刀魚2nd 炸裂再び 

金曜日に夜太刀魚行ってきました。@いつもの沼津静浦港・幸松丸
状況良いですからね、こんな時こそ通い詰めです。


16時過ぎ出港。
エリアは奥の奥、淡島マリンパーク近辺。
水深60mにアンカリングしてスタート。







912_9
そういえばバルケッタCI4+をもう一台追加しました。
カウンター付きのリール、もう4台目ですがバイトレンジの把握が容易で
効率が格段に上がるのでお薦めです。





912_10
1本目から指5サイズ。  80gピンク



912_1
明るいうちから順調に数が伸びる。
が、この地合いが最後まで続く事は無いのは判っているので
地合いが遠のくまでは休む事無く釣りまくるdash



912_8
一時間半で20本。
2週前と同様にグローカラーが強かったです。
蓄光ライトで照らした1投目はほぼアタリがあって2投目・3投目と
アタリも弱まってきたら、またライトかざして投げると当たる。




912_5
Spin Board Instabeater


912_4
ワインド 1oz

水面近くまで浮いてきたタイミングで鉄板バイブやワインドで効率よく
数を伸ばすも今夜はジグの方が明らかに分が良い。



そして35本を超えた辺りから群れが抜けて拾い釣りにsweat01





912_6
残り1時間半の時点で40本超え。
これは久々の50が見えてきた。

が、本当に1本1本が遠い。。。
しかし後ろのトモの餌釣りの人は怒濤の入れ食い。
太刀は船の下に居るんだけどルアーの喰いが渋い、そういうタイミングです。


22:30沖上がり。
結局50には及ばず47本。
ルアーの竿頭だったが餌55本にはダントツで負けたsweat01

ただ、餌が好調の時に団長ジグ&タコベイトのスロー引きが連発したので
ルアーが渋い時にどうにか喰わす引き出しをまたひとつ学んだ。
やっと団長の有効活用が判ってきた気がするw

地合いじゃない時にどう伸ばすか。。。
差がつくのはココだけにどうにか対応出来る引き出しをもっと欲しいです。


そんな太刀魚攻略が今はとても楽しいです。






AbuGarcia SALTYSTAGE KR-X Light Jigging sxlc-632-120-kr
バルケッタCI4+ 301HG 
 PE X8 0.8号
太刀魚用テーパーラインリーダー 
メタルフリッカー100g



AbuGarcia SALTYSTAGE KR-X Light Jigging SXLS-632-80-KR
バルケッタCI4+  201HG
PE X8 0.8号
太刀魚用テーパーラインリーダー 
メタルフリッカー60g



AbuGarcia ソルティーステージKR-X SBS-702M-KR
13セルテート 2510PE-H
STUDIO OceanMark NO LIMITS フルカスタム
Berkley スーパーファイヤーライン 0.8号
鉄板バイブ/ワインド









|

« 太刀魚柄の粋な下駄 | トップページ | B.S.T 第5戦 »

8 その他の釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 太刀魚柄の粋な下駄 | トップページ | B.S.T 第5戦 »