« 納得 | トップページ | 二兎を追え »

2013年2月10日 (日曜日)

久々のボートシーバス

210_8
レンジは深めだろうからバイブレーションをメインでセットしました。
バイブと言っても各種全く異なる性能なだけにその都度ローテーションで
当たりルアーを探る作戦。

マッタリと9時に1人出港@日曜日




冬場の定番・東燃まで一気に走る。
すげえボートの数。。。日曜ってこんなにボート出てるの???
撃ちたいトコに入れないッスsweat01 

魚探の反応は場所によっては底にベイトがビッシリ映る。
・・・ジグだな!
バイブレーション縛りと意気込んでたのに1投もせずにジグりました。



210_13

40cmくらいの可愛いのがポツポツと。


これではイカン! と浮島スリットへ。



210_9

2年前の台風
で壊れたコンクリ壁上部が新たに組まれてて最後の一個を
載せるトコだった。 本来のスリット壁に戻ってました。



で・・・


210_3_2
Varid76 ENG

長い距離の壁を叩いてくウチに回遊に当たったか? 
いきなりバタバタっと釣れる。

210_4

210_5
新しいVarid 76 ENGは通常のバリッドに比べるとちょっとファット。
なので水押しが強くしっかり泳ぐ感じ。かといって引き重りは無し。
当日もそうだったように一日引き倒せるバイブです。


210_6

210_12
SV
小型カッ飛びバイブ。
投げてるだけでストレス解消dash



210_10
バタバタッと釣れて当たりが消える。
近くのパイプ堤に移動しても同じ。。。
長い距離叩いて一カ所でバタバタッと釣れて当たりが消える。
投げて投げてタイミングを合わせる。 そんな感じです。


もう一度、東燃に入りジグるとやっぱりお豆さんが釣れる。
やっぱりバイブの方がサイズがいいので頑張って投げ倒すdash


柱の際でモフッと重くなるだけのバイト・・・


210_2

210_14
ガリガリだけど72cm。 Varid 76 ENG

バイブレーションだから捕れた魚。
投げ倒した甲斐があるってもんです。





210_15
気分よく帰港。

バイブレーションで9本、ジグで7本。 
頑張って絞り出してもこんなもんでした。


メインタックル
Tiemco JJCT68C
アンタレスDC7 PE1号/ナイロン20lb
OceanSnap OS3
Varid76 ENG





フル防寒だと汗が出るくらいな釣り日和でした。
やっぱりボートシーバスは楽しい。








      

|

« 納得 | トップページ | 二兎を追え »

1 シーバス 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 納得 | トップページ | 二兎を追え »