« 根魚備品補充 | トップページ | よ~ぐると »

2009年11月25日 (水曜日)

隠す!

消す!の次は  隠す!

今日は魚持ちの画像についてのお話なんぞを。
って私も人に教わった技なんですがね。




自分の釣ったお魚をいかに大きく見せるか。
私みたいなブロガ-でなくとも釣り師なら誰でも考える事かと。
ではどうすればいいか? 
簡単な方法は・・・大きさを比較(想像・連想)させる物をなるべく見せない事。
そうすれば比較する物が無いのでグッと前に出してしまえば大きく見える。

大きさを比較できる“一緒に写ってしまう物”の代表に手やグリップがある。
いくら魚を前に出しても手や指やグリップが画像に写ってる以上、
おおよその大きさが判ってしまう。“バレてしまう”とも言うsweat01
魚がでかく見えるけど指もでかいね~~~ってヤツ。




ならどうすれば???
当たり前の答えですが・・・隠す。



10_4_12_2
大きいほうの真鯛

10_7_4_2
小さいほうの真鯛

グリップで魚の口(横)を挟み、魚を前に出し魚体でグリップを隠す。
これで大きさを比較する物が見えないから大きく見える。
ルアーをクチに掛けたままで撮るのは臨場感を生かす為でこれは好みです。
比較という意味では無いほうがいいです。








   
これは上記の鯛を2枚持ちした画像です。
10_7_3
実際はこんなもんですw
上記の技を使わないで何も意識せずに普通に撮ると迫力に欠けるでしょ?
特に小さいほうの鯛の見え方は一目瞭然かと。


10_7_1

10_7_2

50upの同じアイナメです。判りやすい比較画像でしょ?




大きい魚はどう撮っても大きく見えるからいいんですが、
この一枚は!って時は撮り方を一工夫させるだけで印象を変える事も出来る。
・・・って既にこの撮り方してる方はたくさんいらっしゃるので
営業妨害とか言われそうですがsweat01  ごめんなさいネ。。。



大きいのを釣るのも釣り人のテクニックだが、
大きく見せるのも釣り人のテクニック。
セコイデスカソウデスカ。 

『 あのブログ、過大に大きく魚を見せてるんですけど!』 

ってJAROに電話しないでね。 
そんな水曜日です。










     

|

« 根魚備品補充 | トップページ | よ~ぐると »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 根魚備品補充 | トップページ | よ~ぐると »